SystemWatanabe
本文へジャンプ
【Accessのバージョンについて】


現在、SystemWatanabeのAccessで動作するソフトは、「Access 2002 - 2003 ファイル形式」のMDBファイル(試用版・フリー版はMDEファイル)で作成しておりますので、Access2003、Access2007、Access2010、Access2013、Access2016で動作可能です。
ただし、Access2003は2014年4月8日にマイクロソフトのサポートが終了しています。また、Access2007は2017年10月10日にマイクロソフトのサポートが終了します。

現行のAccessのファイル形式は通常「ACCDB ファイル形式」ですが、会社などPCごとに異なるOfficeのバージョンが混在している場合、accdbファイルを上位バージョンのAccessで使用後、下位バージョンのAccessで使用できなくなる(例えば、Access2010で使用後、Access2007で開けなくなる)というような現象が発生することなどがあるため、現在のところ当ソフトでは、Accessの複数のバージョン環境でも影響を受けにくい「Access 2002 - 2003 ファイル形式」のMDBファイルを採用しています。





●Accessランタイム版での使用について
Accessランタイム版でも概ね動作可能とは思われますが、SystemWatanabeではAccessランタイム版での動作確認および動作保証は行っておりません。Accessランタイム版で使用された際のサポートおよびトラブル対応は致しかねますので、あらかじめご了承ください。











>>Home