SystemWatanabe
本文へジャンプ
【AccessPower販売管理EX Ver.3 バージョンアップ方法】

入力データはデータファイル「apDataV3.mdb」へ保存されます。
入力済みデータを最新版でもそのまま使用したい場合は、下記の手順を行ってください。


■AccessPower販売管理 Ver.2/Ver.1/05/2000/2003/2002/2000 から Ver.3 へバージョンアップする場合

※正規版でカスタマイズを行われている場合、最新版に更新するとカスタマイズは無効となります。

(1)最新版をダウンロード後解凍する。
(旧バージョンの正規版をお持ちの方はアップグレード価格をご用意しております。 [アップグレード価格]をご覧ください)

(2)ソフト説明ページ下部にある、データコンバートツールをダウンロード後解凍する。

(3)解凍した データコンバートツールを起動し、データファイルの場所を指定して実行する。


■AccessPower販売管理EX Ver.3 から Ver.3 の最新版へ更新する場合

※正規版でカスタマイズを行われている場合、最新版に更新するとカスタマイズは無効となります。

(1)現在ご使用中のデータファイル「apDataV3.mdb」を別フォルダにコピーする。
 ※別フォルダにコピーせず、最新版のデータファイルを上書きすると入力済みデータは消えてしまいますのでご注意ください

(2)最新版をダウンロード後解凍する。
 当サイトの「注文する」ボタンから正規版をご購入いただいた方は、
 ご購入時にご連絡した正規版ダウンロード先から最新版を再ダウンロードしてください。
 ※2022年3月サーバー移行(常時SSL化)に伴いダウンロードパスワードが変更されましたので
 上記以前にVer.3正規版をご購入いただいた方は、
 「購入ソフト名」「購入時のお名前」「購入時のメールアドレス」を明記の上、再ダウンロード依頼メールを
 お送りください。ご購入履歴確認後、ダウンロード方法をご返信させていただきます。

 STORESショップからVer.3正規版をダウンロード購入いただいた方は、
 「購入ソフト名」「購入時のお名前」「購入時のメールアドレス」を明記の上、再ダウンロード依頼メールを
 お送りください。ご購入履歴確認後、ダウンロード方法をご返信させていただきます。

(3)最新版を解凍したフォルダへ(1)のデータファイル「apDataV3.mdb」を移動する。

各プログラムファイルを起動し、『リンク先変更』で「新リンク先」欄にデータファイル「apDataV3.mdb」の場所を指定して実行してください。


■AccessPowerCS販売管理05/2003/2002 から AccessPower販売管理EX へバージョンアップする場合

AccessPowerCS販売管理シリーズ(SQLServer版)の開発は2008年1月15日を持って終了させていただきました。

現在は、Accessデータベース(Jetエンジン)を使用したAccessPower販売管理シリーズのみとなっておりますのでご了承ください。

AccessPower販売管理シリーズへのデータ移行は下記手順にて可能ですが、CS版に比べると動作速度は低下することが予想されますので、あらかじめご了承の上、ご検討ください。

<データ移行手順>
(1)Accessを起動し、ファイル「新規作成→データベース」にて、下記ファイルを新規作成する。(同名ファイルが存在する場合は削除後、新規作成ください)
  ・「AccessPowerCS販売管理2002」の場合・・・「apData2002.mdb」ファイル
  ・「AccessPowerCS販売管理2003」の場合・・・「apData2003.mdb」ファイル
  ・「AccessPowerCS販売管理05」の場合・・・「apData05.mdb」ファイル

(2)上記で作成したファイルへ「外部データの取り込み→インポート」にて下記ファイルのテーブルをすべてインポートする。
  ・「AccessPowerCS販売管理2002」の場合・・・「apCsMasterSys2002.adp」ファイル
  ・「AccessPowerCS販売管理2003」の場合・・・「apCsMasterSys2003.adp」ファイル
  ・「AccessPowerCS販売管理05」の場合・・・「apCsMasterSys05.adp」ファイル

(3)ソフト説明ページ下部にある、データコンバートツールをダウンロード後解凍して起動し、
 上記で作成したファイルを「旧データMDB」とする。


>>Home