SystemWatanabe
本文へジャンプ
             
【Access DE 勤怠管理 EX】  Ver.2.31

Microsoft Access(アクセス)で作成した勤怠管理ソフトです。
フリー版(無料)もご用意いたしました。(フリー版はソース非公開のMDEファイル形式です)
正規版をご購入いただくと、全ソース公開のプログラムファイル(MDBファイル形式)をご入手いただけますので
Accessの知識のある方であればカスタマイズしてご使用いただくことも可能です。
※Access2003/2007/2010/2013/2016 いずれかが必要です。(Accessのバージョンについて)


《主な機能》
□ 出退勤時刻を入力するだけで、就業・残業・遅刻・早退などの時間を自動計算。
□ 時間帯と時間数の勤務体系を設定可能。
□ 勤怠報告書や勤務時間集計表などの勤怠管理資料が作成できます。
□ 出退勤簡単打刻を使用すると、タイムレコーダで打刻する感覚でPCから出退勤時刻の記録が可能。
□ 出退勤時刻をcsvデータから取込ことも可能。
□ 勤怠データをcsvデータとして出力できますのでExcelや他のソフトで勤怠データを再利用可能。
□ Accessで作成しているのでカスタマイズが可能です。(フリー版はカスタマイズ出来ません)


[勤怠入力画面]
 >>その他画面帳票

フリー版 adv2kint.exe(500KB) ⇒  
(フリー版は32bit用です。Access64bit版でのご試用は[こちら]をご参照ください)


《 正規版 価格 》
Access DE 勤怠管理 EX Ver.2 (全ソース公開) 12,000円(税込) 
※正規版は、Access32bit版/64bit版のどちらでも動作可能です。
※旧バージョンの正規版をお持ちの方にはアップグレード価格をご用意いたしております。 [アップグレード価格]をご覧ください。


《メニュー構成》
■メイン
・勤怠入力
・勤怠日報
・勤怠報告書
・休暇取得一覧表
・未打刻一覧表

・出退勤簡単打刻
・出退勤データ取込
・勤怠データCSV出力
・勤怠集計表
・勤怠データ一括削除
■基本設定
・基本情報入力
・カレンダ設定
・勤務体系入力
・部門入力
・社員入力

■CSVインポート
・社員インポート

■ユーティリティ
・バックアップ
・リンク先変更
・エクスポート



[更新履歴]  ※最新版へのバージョンアップは[バージョンアップ方法]をご覧ください。
[2016/01/23] Ver.2.31
 ・始業時刻前に退社すると早出残業が正しく計算されない不具合を修正。
[2014/09/09] Ver.2.30
 ・祝日判定ロジックを2016/8/11からの「山の日」対応に更新。
 ・カレンダフォームへ「今日」「キャンセル」ボタン追加。
 ・コンボボックスを[↓]ボタンで開けるよう機能追加。
 ・「リンク先変更」の処理中に進捗状況として変更中テーブル名を表示追加。
[2012/10/15] Ver.2.22
 ・「未打刻一覧表」印刷時、印刷指示画面の処理状況を表示するよう改良。
 ・「カレンダ」フォームのボタンサイズ・文字サイズ拡大。
[2010/11/08] Ver.2.21
 ・「勤怠入力」で「出勤時刻=外出時刻」や「退出時刻<再入時刻」の場合に不正エラーが表示されるため改良。
[2010/10/13] Ver.2.20
 ・「勤務体系入力」の一覧形式表示の際、一部の環境で列固定が正しく行なわれない現象を改良。
 ・64ビット版Accessで動作可能となるよう改良。
[2010/05/24] Ver.2.10
 ・「勤務体系入力」の[時間帯]設定の「普通残業時刻」→「残業時刻」に変更し、深夜を含む残業時刻を設定することにより、
  深夜残業後の普通残業も算出可能となるよう改良。
[2009/09/28] Ver.2.01
 ・「休暇取得一覧表」印刷機能追加。
 ・「勤怠集計表」と「勤怠集計データCSV出力」を統合。
[2009/01/07] Ver.2.00
 ・休日(法定外休日)と法定休日を分けて休日出勤日数・休日出勤時間を算出するよう機能追加。
 ・休暇区分(終日休/午前休/午後休)を追加し、半休の場合は休暇日数を0.5加算するよう機能追加。
 ・就業時間内の深夜勤務時間(深夜)の算出機能追加。
 ・勤務体系入力へ「休憩時刻5」「休憩時刻6」設定項目追加。

[2008/05/16] Ver.1.05
 ・「カレンダ設定」へ「月カレンダ」「年予定表」印刷機能追加。
 ・休日の深夜残業時間を「深夜残」へ算出するよう変更。
 ・一部の環境でDir関数が正常に動作せず、「リンク先変更」が行えない場合があるため改良。
[2008/01/16] Ver.1.04
 ・Access2007で「出退勤簡単打刻」の日付欄に日付選択カレンダが表示されていたため修正。
[2007/11/27] Ver.1.03
 ・早出深夜残業時間は深夜残業に加算されるよう改良。
[2007/11/13] Ver.1.02
 ・Ver.1.01では残業が単位未満の場合、残業欄へ0:00が表示されてしまうため0:00は表示されないよう修正。
[2007/11/12] Ver.1.01
 ・端数処理に「切り捨て」を設定している場合、単位未満となる時刻を入力するとエラー表示されるため修正。
[2007/11/05] Ver.1.00
 《AccessDE勤怠管理05からの主な変更点》
 ・勤務体系入力へ「時間数」勤務体系の設定機能追加。
 ・社員入力へ「勤務体系コード」設定項目追加。
 ・勤怠入力の表示速度向上のため一部処理改良。
 ・「勤怠データ一括削除」機能追加。


<旧バージョンからのデータ移行>
旧バージョンからデータ移行が必要な方は下記より該当のバージョンのツールをダウンロードしてください。
・AccessDE勤怠管理EX Ver.1.xx データコンバートツール→ adCnvKintaiV2_v1.zip
・AccessDE勤怠管理05データコンバートツール→ adCnvKintaiV2_5.zip
・AccessDE勤怠管理04データコンバートツール→ adCnvKintaiV2_4.zip
・AccessDE勤怠管理2003データコンバートツール→ adCnvKintaiV2_3.zip